謝長廷・駐日代表が「台湾観光の夕べin東京」に出席

謝長廷・駐日代表が「台湾観光の夕べin東京」に出席

謝長廷・駐日代表(写真中央)、周永暉・交通部観光局局長(左2)、葉菊蘭・台湾観光協会会長(右2)、
一般社団法人日本旅行業協会の田川博己・会長(右1)、丸尾和明・副会長(左1)

挨拶する謝・駐日代表

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表は9月20日、交通部観光局と台湾観光協会の主催で、都内のホテルにおいて開催された「台湾観光の夕べin東京」に出席し、あいさつの中で、日本の旅行業界関係者に「台湾は日本の方々にとり信頼があり、安全で安心な渡航先だ。より多くの日本の方々に台湾にお越しいただきたい」とアピールした。

 周永暉・交通部観光局長も、台湾が現在「Meet Colors!台湾」をキャッチフレーズに、四季それぞれの観光イベントを行っており、今後も数々の観光促進イベントを展開していくことを具体的に紹介した。さらに、今年日本から台湾を訪れた200万人目の旅行客に航空券などの記念品を贈呈する予定であることも発表し、台日観光業界の協力による台湾観光のより一層の発展を期待した。葉菊蘭・台湾観光協会会長も、日本人観光客200万人突破という目標のために努力していく決意を示した。

 交通部観光局と台湾観光協会は、東京で9月22日より開催される世界最大級の旅行展「ツーリズムEXPOジャパン2017」に台湾パビリオンを設け出展するため、国内の市および県の観光局や観光業界など112団体・企業の関係者200人余りで組織された台湾観光代表団を伴い来日した。20日の「台湾観光の夕べin東京」は、この旅行展開催に先立ち、日本の観光業界関係者を招いて行われたもので、当日は商談会、台湾観光セミナーも開かれた。

当日は「台湾観光セミナー」も開催

«2017年9月21日»