謝長廷・駐日代表が展示会「台湾文化を後世に伝える」の開幕レセプションに出席

謝長廷・駐日代表が展示会「台湾文化を後世に伝える」の開幕レセプションに出席

謝長廷・駐日代表(写真右3)、東京藝大の保科豊巳・理事(右2)、
日比野克彦・美術学部長(左4)、木島隆康・教授(左3)、桐野文良・教授(左2)

挨拶する謝長廷・駐日代表

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷・駐日代表は9月27日、東京・上野にある東京藝術大学(以下、東京藝大)で開催された台日の文化財修復と保存をテーマとした展示会「台湾文化を後世に伝える-日本との違い」の開幕レセプションに出席し、あいさつの中で「台湾と日本には過去の一時期共通の歴史があり、台湾の文化財保存は、日本の歴史を保存することにもつながり、意義が深い」と語った。さらに、自身が高雄市長在任中に手がけた、歴史ある高雄駅の駅舎保存のために行った移築工事についても紹介した。

 同展は台湾の文化部と東京藝大が5年前より実施している台湾・日本芸術文化交流事業、台湾文化光点計画の活動として開催された。東京藝大の保科豊巳・理事は今年度の活動は、台日の文化財修復保存に携わる教授らが協力や次世代の技術者を育成するものであると説明し、「これにより台日の文化面における結束力がより一層強まっていくであろう」と期待の意を表した。

 10月4日まで開催される同展では、歴史的建造物の保存と活用、絵画の保存修復、美術館・博物館における保存活動、保存修復の実際などについて、台日それぞれの取り組み状況がパネル展示やビデオなどで紹介されている。また、10月1日には台日の専門家が講演するシンポジウムも予定されている。

展示会場

«2017年9月28日»