郭仲熙・駐日副代表が「弘志会」講演会で最近の台日関係について講演

郭仲熙・駐日副代表が「弘志会」講演会で最近の台日関係について講演


講演する郭仲煕・駐日副代表

 台北駐日経済文化代表処の郭仲熙・副代表は9月30日、関西地区の学生による「日本学生協議会」のOB組織である「弘志会」が主催する講演会に謝長廷代表の代理として出席し、最近の台日関係をテーマに講演した。このなかで郭・副代表は、台日間で毎週約700便の航空便が往来し、昨年の年間往来者数は約620万人に達し、貿易総額が600億ドルを超え、国民同士が互いに親近感を持っていることなど、統計数字を引用しながら具体的に台日間の近年の発展を説明した。

 郭・副代表は、今ある良好な台日関係は双方の人々の長きにわたる尽力の賜物であると強調し、「自由、民主主義、人権の基本的価値を共有し、強固な絆で結ばれていることは双方の共同資産である。今後も経済、文化、観光など各分野でより一層日本との友好の輪を広げたい」と呼びかけた。

《2017年10月2日》