外交部、国慶節のプロモーション動画公開

外交部、国慶節のプロモーション動画公開

img20171005114620892

 外交部(日本の外務省に相当)はこのほど、今年の双十国慶節(10月10日、中華民国の建国記念日、辛亥革命記念日でもある)のプロモーション動画を公開した。中華民国(台湾)の在外公館が現地で双十国慶節の祝賀レセプションを開催する際、会場で放映し、海外の人々に台湾への認識と理解を深めてもらう。

 動画のタイトルは「活力台湾 躍升国際(Dynamic Taiwan, Embracing the World)」で全編約11分。以下の6部で構成されている。

(1)民主転換、市民社会
 民主主義が定着し、健全で成熟した市民社会では、人々が法律によって保障された自由と、各種の平等な権利を享受している。

(2)堅実外交、互恵互助
 国交樹立国及び非国交樹立国との政府高官の相互訪問や重要な外交成果を映し出し、二国間協力を深化させ、実務関係の増進によって「堅実外交」という政策目標を実行に移していることを説明している。

(3)産業イノベーション、ICT活用による高度化
 政府が推進する「5+2産業イノベーション計画」に基づき、「アジアのシリコンバレー計画執行センター」(台湾北部・桃園市)、「バイオメディカル産業イノベーション推進プロジェクト執行センター(Biomedical Industry Innovation Promotion Project Implementation Center)」(台湾北部・新竹県)、「スマート機械推進オフィス」(台湾中部・台中市)を順次開設し、産業の高度化を促進している。

(4)人を以って本となす、サステナビリティへの取り組み
 台湾では近年、多数の非政府組織が生まれ、国際的な人道支援、災害支援、疾病予防、地球温暖化防止などの計画に積極的に取り組み、具体的な行動によって国際社会に貢献している。

(5)多元的文化、世界を見渡す
 台湾はもともと移民社会であるが、近年はさらにグローバル化に伴い、他国からの移民や、多元的な文化を受け入れている。同時に台湾の若者も積極的に世界へ出て行き、国際社会と足並みをそろえる機会を模索している。

(6)ダイナミックな台湾、世界に躍り出る
 豊富なエネルギーと創作意欲あふれる環境が、台湾の優れた人材を育んでいる。スポーツや音楽など、さまざまな世界で優れた才能が育ち、海外でも名声を得ている。

 今年のプロモーション動画にはまた、2017年夏季ユニバーシアード台北大会の名シーンの数々を収録。例えば重量挙げの郭婞淳選手、陸上の楊俊瀚選手らの卓越した活躍を称えている。

 外交部は今年、中国語、英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語、アラビア語、イタリア語、日本語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語の全13言語の字幕版を公開している。

Taiwan Today:2017年10月5日

写真提供:外交部公式サイトより
外交部(日本の外務省に相当)はこのほど、今年の双十国慶節のプロモーション動画を13言語の字幕付きで公開した。