第42回「台日貿易経済会議」が東京で開催

第42回「台日貿易経済会議」が東京で開催


邱義仁・台湾日本関係協会会長(左)と大橋光夫・日本台湾交流協会会長(右)

 台湾日本関係協会と日本台湾交流協会は11月21日と同22日、東京都内のホテルで第42回「台日貿易経済会議」を開催し、台湾側代表団は邱義仁・台湾日本関係協会会長を団長とし、日本側代表団は大橋光夫・日本台湾交流協会会長を団長として、経済・貿易等に関する議題について幅広く意見を交換した。

 第42回「台日貿易経済会議」は、政策グループ、農林水産・医薬・技術交流グループ、知的財産権グループの3グループに分かれて進められた。会議終了後、邱会長および大橋会長が「台日税関相互支援協定」と「台日文化交流協力覚書」にそれぞれ署名した。

 台日貿易経済会議はこれまでに数十回開催され、数多くの成果を積み重ねてきた。台日双方は今後も経済、貿易、知的財産権、関税等の各重要分野で全面的な協力を推進していくことを望んでいる。

 台湾日本関係協会は上述の会議の成果を踏まえ、引き続き日本台湾交流協会と協力しながら、台日間の経済・貿易等の実質的関係の交流と協力をより一層拡大していく。


第42回台日貿易経済会議

【外交部 2017年11月22日】