謝長廷・駐日代表が磯子火力発電所を訪問

謝長廷・駐日代表が磯子火力発電所を訪問

180126c
J-POWER磯子火力発電所で環境への影響が極めて少ない排煙について説明を受ける謝長廷・駐日代表(写真中央)

180126d
J-POWER磯子火力発電所で説明を受ける謝長廷・駐日代表(写真中央)

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表は1月25日、神奈川県横浜市のJ-POWER(電力開発)磯子火力発電所を訪問し、最新の石炭火力発電および大気汚染防止対策の説明を受けた。このなかで謝代表は、「現在、台湾の政府は脱原発政策を掲げている。長期的にはグリーンエネルギーを発展させていくが、現時点においては火力発電に依存している。火力発電にはCO2とPM2.5の排出問題があり、大気汚染の改善が求められている。日本の最先端かつ最前線の設備を台湾のメディアにも報道してもらうことを通じて、台湾の国民および関係機関に正確な情報を伝えたい」と挨拶した。

 J-POWERは台湾電力と長期にわたる協力関係があり、東南アジア最大規模の揚水発電所である「明潭発電所」(南投県)や、天然ガス火力発電の「嘉恵発電所」(嘉義県)などの建設や運営に協力している。また、「林口発電所」(新北市)は、磯子発電所と同様の超々臨界圧(USC)石炭火力発電による高効率化によりCO2排出量を抑えている。

 同発電所の発電機、ボイラー、煙突、集塵・脱硝・脱硫装置などを視察後、謝代表は「大気汚染の原因はさまざまであるが、火力発電所がもたらすPM2.5汚染は、現在の技術で解決可能であり、日本はすでに解決済みだ。台湾も一部の発電所にはこのような技術があり、これを台湾全土に普及させていけば解決できる」と強調した。


磯子火力発電所で挨拶する謝長廷・駐日代表


磯子火力発電所の設備を取材する台湾メディア

《2018年1月29日》