郭仲熙・駐日副代表が港区開催の台湾生態写真展を訪問

郭仲熙・駐日副代表が港区開催の台湾生態写真展を訪問

台北駐日経済文化代表処の郭仲熙・副代表(写真左1)および朱文清・台湾文化センター長(右1)、清野成美・港区産業/地域振興支援部国際化/文化芸術担当課長(中央)

 台北駐日経済文化代表処(以下、駐日代表処)の郭仲熙・副代表は2月1日、東京・浜松町にある世界貿易センタービル地下1階で開幕した「脈動~台湾生態写真展覧会」の会場を訪れ、台湾の豊富な自然の生態を紹介した同展を通して、より多くの日本の人々が台湾への理解を深め、実際に台湾を訪れることを期待した。

 同展は、国際文化の紹介展示を目的に港区が主催し、国立台湾博物館および駐日代表処台湾文化センターなどが協力したもので、3月1日までの会期で開催される。国立台湾博物館が企画、提供した台湾の写真家および生態環境の専門家らが撮影した作品75点を「命の脈動」「森の中の宇宙」「海の秘密」をテーマに分け展示している。

3つのテーマに分け75点が展示

«2017年2月1日»