外交部、日本の取締船による台湾漁船追跡に抗議

外交部、日本の取締船による台湾漁船追跡に抗議

img20180306113053787

 台湾北東部・宜蘭県蘇澳籍の漁船「東半球28号」が3日及び4日の両日、海上での操業中に日本の水産庁の漁業取締船から放水、追跡された。外交部(日本の外務省に相当)は5日、日本の取締船が同漁船を中華民国(台湾)の領海近くまで追跡したことを「過剰な対応」と見なし、外交ルートを通じて厳重な抗議を行った。

 一方、行政院農業委員会漁業署(日本の水産庁に相当)は、同漁船が協定で認められた水域を超えて不法操業していなかったかどうか直ちに調査するとしているほか、外交部も日本側に対して具体的証拠の提出を依頼している。

Taiwan Today:2018年3月6日

写真提供:中央社
 外交部(日本の外務省に相当)は5日、日本の取締船が台湾の漁船を中華民国(台湾)の領海近くまで追跡したことを「過剰な対応」と見なし、外交ルートを通じて厳重な抗議を行った。写真は2月下旬の内閣改造で入閣した外交部の呉釗燮部長(=大臣)。