台日工芸展が六本木で開幕 台日工芸作品の魅力を発信

台日工芸展が六本木で開幕 台日工芸作品の魅力を発信

 台北駐日経済文化代表処台湾文化センター(以下、台湾文化センター)と国立台湾工芸研究発展センター(以下、工芸センター)が共催する「ハイブリッド・クラフト展-クラフトの新たな未来」が10月11日、東京・六本木にあるAXIS Galleryで正式開幕した。当日は同会場と台北当代工芸設計分館がオンラインで繋がり、新しいスタイルの開幕式が開催され、台日のクラフト交流が時空を超え、新型コロナウイルス感染状況による制限をも打ち破り、協力のパワーが拡大したことを示すものとなった。

201012k
日本の会場で楔を打つ王淑芳・台湾文化センター長(左)と田中浩也・慶応大学教授(右)。スクリーンは台湾の会場。

 同展は新型コロナウイルスの影響で、台湾のアーティストが来日できないことから、今回は作品展示とオンライン講座の形式を組合せている。9月17日に台湾文化センターで予告展をスタートし、10月11日は台日両会場をオンラインで繋ぎ、日本会場の王淑芳・台湾文化センター長、田中浩也・慶應義塾大学教授と台湾会場の許耿修・工芸センター長が同時に、伝統工芸技法の楔を打つパフォーマンスで、同展の開幕を宣言した。これは、タイムラグのない台日の工芸交流と新型コロナウイルス撃退への協力を象徴するものとなった。開幕式の後、自身も作品を出展している益山詠夢・慶応大学講師がオンライン講座を行い、台湾の会場の出席者たちも台日クラフトの魅力を身近に感じ取ることができた。

201012l
台湾の会場からスクリーンを通して挨拶する許耿修・国立台湾工芸研究発展センター長

 台湾文化センターは2017年より、工芸センターとコラボレーションを行っており、日本で積極的に台湾クラフトのソフトパワーをPRしている。今回の展示期間は10月10日~10月14日、台湾の細木工芸および漆芸作品のほか、益山詠夢・慶応大学講師および土岐謙次・宮城大学教授も加え合計27点を同時展示しており、様々な特色が見られる。台湾の工芸家は、伝統と斬新的な技法を巧みに取り入れ、実用性と美的価値を兼ね備えた優れた作品を創り出している。日本側はデジタル製造、3Dプリント、構造乾漆などの製作技術により、実験的な作品を打ち出している。今回のクラフト展を通して、台日の産官学のリソースがまとまり、双方の研究・開発分野のデザインと創作交流を共同で行い、台湾のクラフト産業が地元の芸術文化ネットワークのブランド価値と発展の潜在力の開拓・展開を促すことができるよう願っている。

201012m
会場風景

《2020年10月12日》

写真提供:駐日代表処台湾文化センター