【重要なお知らせ】12月1日から、秋冬期間中の防疫対策発表

11月18日、衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)は、新型コロナウイルスの世界的な感染状況が悪化し、台湾における域外感染も増加傾向にあることに鑑み、台湾におけるコミュニティ感染リスクを低減させるとともに、医療システムへの負担増加を避けることを目的として、秋冬期間中の防疫対策の強化について、以下のとおり発表を行いました。

同発表内容に基づけば、12月1日より台湾に入境或いはトランジットを行う全ての旅客は、身分(台湾籍或いは外国籍)或いは訪台目的(就学、仕事、外交公務等)に関わらず、すべからく「搭乗前3営業日以内に検査したCOVID-19PCR検査陰性報告」を添付する必要があるとされています。同措置によりこれまで一部例外対象となっていた方(居留証所持者等)についても、12月1日以降、入境時にPCR検査陰性報告の提示を求められることになりますので、ご注意ください。

また、12月1日より、公共の場所(医療・介護、公共交通、生活消費、教育学習、展覧鑑賞・スポーツ観戦、休暇娯楽、宗教祭事、手続機関)におけるマスク着用についても、違反者は伝染病防治法に基づき、罰金を含め、管理を強化する旨言及しておりますので、併せてご注意ください。

日本台湾交流協会ホームページ

衛生福利部疾病管制署プレスリリース(英語)